049b

栄西、抹茶を中国から日本に輸入した人ってどんな人

 

栄西(1141~1215)

 鎌倉時代、禅宗の一派、日本臨済宗の開祖、出生は備中の豪族、賀陽氏の生まれで、幼少の頃から英才であったと言われている。その後、比叡山で仏教を学ぶ。
 

日本で仏教を学んだ若き日の栄西は、大陸に渡って、正しい仏教を学んで、わが国の仏教の過ちを正したいという強い気持ちを持っていた。栄西が宋に渡ろうとした時代、遣唐使も途絶えており、大陸に渡ることは決死の覚悟が必要であった。入宋に成功した後は、禅宗の理解を深めて、経典を持ち帰ったとされている。
 

帰国後は仏教の伝法につとめていき、その後、栄西は仏教発祥の地インドに行きたいと強く願うようになり、ふたたび大陸へと渡る。しかし、インド行きは治安が悪いために断念して、宋に残り、臨済宗の修行を行ってから帰国した。
 

帰国後、臨済宗の布教活動と中国から持ち帰った、茶をすぐに蒔き、お茶の普及にも努めたようである。
 

 当初、臨済宗は様々な政治的妨害を受けるが、栄西は禅の教えは国を守っていくものだとする「興禅護国論」を著して活動を続けた。その後、臨済宗は鎌倉幕府の庇護を受けて広まっていく。
 

 お茶に関して、栄西は栂尾高山寺の明恵上人(みょうえしょうにん)に茶の木の種を贈り、その種を植えて、茶を作る事に成功した。その後、栂尾は茶の名産地として、茶栽培が盛んになる。この茶はやがて、修行中の僧の眠気を取り除く助けになるとして、僧侶の間に抹茶が普及するきっかけになった。また、「喫茶養生記」を著して、お茶の薬としての効果を世間に広めた。お茶の薬としての効果を示すエピソードとして、将軍実朝が二日酔いの際に、栄西がお茶を献上して、その症状を取り除いたとされる。

 

歴史語句

栄西(1141~1215)

出生は備中の豪族、賀陽氏の生まれである。最初、比叡山で学び、その後、1168年と1187年の2回中国(当時は宋)に渡り仏教を勉強し、禅宗の一派である臨済宗を伝えた。鎌倉で寿副寺、その後、京都で健仁寺を開く。また、中国から茶をもたらし「喫茶養生記」を著して、茶を広めるきっけとなった。

 

源実朝(みなもとのさねとも)(1192~1219)

 頼朝の次子、幼名千幡。頼家の後、3代将軍に就任した。北条氏が実権を握るなかで、将軍権力の拡大に努めたが、頼家の子、公暁に暗殺された。

 

遣唐使

日本から唐に派遣された正式な外交使節である。630年~894年の間に行われた。

 

(960~1279)

 安史の乱以後続いた混乱を収めて、中国を統一、開祖は趙匡胤。文治主義を推進して中国統治。北宋と南宋に分かれる。

↓抹茶の通販はここから。