157a

茶道について思う素朴な事

お茶を点てて飲む。このごくごくありきたりな光景が芸術に

茶道、これほど、単純で意味が深いものがあるでしょうか。

茶道を簡単に説明すると、お茶を点てて、飲むだけである。日常の何気ない行動が茶道の対象になる。

お茶を点てて飲むだけの行為が一つの芸術にまで発展している。意味不明と言えばそれまでだが、知れば知るほど奥が深い。

お茶を点てて飲むだけの行為、その日常の何気ない行為で、生計を立てている人もいれば、趣味として多額な出費と時間を費やしている人もいる。日本人の心として、茶道が確固たる地位を現在の世でも築いている。

ここで疑問が生じると思うが、何故、お茶を点てて、飲むだけの行為が、芸術にまで高められたかである。

そもそも、茶道の元になった禅の教えに、日常生活の何気ない行為に、自らを高める修行の要素が含まれている。

茶道の何気ない行動一つ一つに意味があり、自らを高める修行の要素が含まれている事とも言える。

茶道の何気ない行動には、質素ではあるが相手をもてなす日本人的な美意識が詰まっている。

普段の何気ない行動に意味合いと、作法を加える事によって、茶道は日本人を体現する芸術にまで昇華したと言える。